新たな治療法
置かれた聴診器

日本では様々な病気による死亡件数が存在するが、その中でも最も多いのが、がんによる死亡件数である。
成人の死亡原因の中では常にトップに君臨している状態であるがんは、現在では様々な治療方法を有しているが、それでも死亡件数は多い。
しかし、がんの治療方法はそこ付いたわけでは決して無く、現在も新たな治療方法は研究され、世の中に出てきているのである。

様々存在する癌であるが、十二指腸がんはがんの死亡件数の中でも上位にランクインするほど、恐ろしいものである。
十二指腸とは、胃と象徴の間に存在する、消化を助ける器官である。
十二指腸がんとは、この十二指腸に腫瘍が発生し、悪性と化した後がん化することで発生するものである。
しかし、十二指腸がんの発生原因は詳しいことは分かっておらず、予防は難しいのが現状である。

初期の自覚症状は無いに等しく、症状が深刻化して初めて症状が見られる場合が殆どである。
進行が進むと激しい腹痛や吐き気、貧血の他、体重の減少がみられることが多く、これらの症状が見られた場合は、すぐにでも病院に行くべきである。

治療法としては、基本的に手術による除去と抗癌剤治療、放射線治療が一般的である。
これらの治療方法はがん治療において高い確実性を有する他、患者自身の免疫力や体力を大きく低下させてしまい、患者自身に大きなふたんを賭けてしまう所が大きな障害であった。
しかし、近年の研究で体にそこまでの影響を与えずがんに対向する方法が編み出されている。

免疫細胞療法とは、患者の細胞を採取し、抗癌作用のある薬品にて培養、増殖、活性化させることでがんに対抗できる力を有する細胞を作り、元々は患者の細胞であったこともあり患者に投与しても副作用効果が起こりにくいというメリットがある。
免疫細胞療法は近年開発された治療方法であり、未だに一般的なものではない。
しかし、最近では様々な病院で免疫細胞療法が行われており、インターネットで多くの情報が紹介されている状況である。

これと同じように、NK細胞療法という物が存在する。
これは、患者の細胞内、白血球内に存在するナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫力を司る細胞を活性化させ、がん細胞に対して自然な抵抗力をつけようという方法である。
NK細胞療法とはつまり、人が持つ免疫力を活性化させ、がんを克服させようとする方法である。
免疫細胞療法のように、このNK細胞療法は近年開発された治療方法であり、今後の成果に期待するとともに一般への浸透が見込まれる療法である。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オススメリンク